前へ
次へ

行政書士試験に関する事について

行政書士試験というものは、行政書士の仕事に就きたい人たちが絶対に受けなけらばならないものとなっていて

more

行政書士試験とはどのような試験でしょうか

行政書士になるためには、行政書士試験に通る必要があります。では、その行政書士試験とはどのようなもので

more

行政書士試験の選択式問題の攻略法

行政書士試験の選択式問題は、いくつかの選択肢のうち、正しいものはどれか、という選択をするものと、正し

more

行政書士試験のデータあれこれ

行政書士試験は簡単な試験ではありません。その合格率や合格者はいったいどうなことになっているのでしょうか。 平成16年度から平成25年度の10年間でみると、受験者数は67万2837人、合格者数は4万6505人になっています。平均合格率は6.91%です。しかし、年度別にみると平成17年度では2.62%とかなり低い年もあります。逆に合格率が高いのは、平成25年度で10.1%となっています。 受験者層は、男女比はおよそ3:1になっています。年齢では下は10代から上は60歳以上の方もいて、その中で平成25年度では17歳と72歳の方が見事合格しています。一番合格者のいる年齢層は30歳代で、40歳50歳代も続いて多く、ある程度年齢を重ねた方の人気が高いようです。

英文契約書の作り方がわからない
そんな時はジェックスにお願いしましょう

ご家族の問題に親身になってお答えします

大阪市中央区の税理士事務所「フォークライアン」

私たちにとって、心強い味方です。

行政書士は『街の法律家』と呼ばれるほど、私たち一般人にとって身近な存在です。その為に業務も多岐に渡り、弁護士や税理士、会計士などの'士'業がつく業種の中でも、幅広い知識を必要とします。行政書士の仕事には『公官署に提出する書類の作成や代理業務(車庫証明や会社起業の際など。)』『事実証明に関する書類の作成や手続き業務(遺言書や遺産相続手続きなど。)』『権利関係に関する書類の作成や代理業務(会社定款や示談書、離婚協議書など。)』があります。行政書士に仕事を依頼するメリットは、面倒な手続きを代理で行ってくれる点と各々に応じて適切なアドバイスをしてくれる点などが挙げられます。また、費用面につきましても、弁護士へ依頼するよりも安価で済むケースが殆どです。

Page Top